読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰でもハマれるお手軽趣味を公開

みんなが簡単にハマれる趣味を随時紹介していきます。

意外とお金がかかる車の賢い節約法をご紹介

買い物にレジャーに通勤にと大活躍してくれる車ですが、毎年結構な維持費がかかるのが悩みの種でもあります。維持にかかるお金を少しでも節約できたら助かりますよね。保険や税金、ガソリン代にメンテナンス費用など様々なお金を節約する方法を知り、役立てていきましょう。

 

意識の面からお金を節約できること

記事番号:575/アイテムID:16802の画像

 

安全運転を心がけよう

車を運転する上で周囲に注意しながら安全運転することは大原則ですが、実はお金を節約するためにもこれは非常に大きく役立ってくれるのです。
例えば、事故を起こさなければ修理代もかかりませんし、保険料も安くなりメンテナンス代も最小限で済むなど、様々な面でお金の節約へと繋がるのです。
もちろんお金を節約する以外にも、自分や家族の命を守るという大切な役割も果たしてくれるため、日ごろから安全運転を心がけておくことが最も重要なのです。
 

渋滞を避けてスムーズに運転しよう

車の維持費として大きなウェイトを占めるのはガソリン代ですが、ガソリンを少しでも節約するためには燃費の良い走行を心がけることも大切です。
車にとって燃費が最も理想的となるのは、アクセルやブレーキを乱用せず一定の速度で走ることです。
つまり渋滞は燃費の大敵とも言え、ガソリンや部品を無駄に消耗してしまうことになります。
このため、すこし遠回りになってしまったとしても、空いている道を選んで走ったほうが結局は燃費が上がり、お金の節約につながるのです。

ガソリンスタンド選びも重要

記事番号:575/アイテムID:16807の画像

 

少しでもお金の安いガソリンスタンドへ

車にかかるお金で最も大きいのがガソリン代だと上述しましたが、当然ながら1円でも安いガソリンスタンドを見つけることはお金の節約のためには欠かせません。
セルフスタンドは割安ですし、ガソリン会社発行のクレジットカードを作れば割引価格で購入できるケースもあります。
家の近くの店舗でこういったキャンペーンをやっていないか、少し遠くても激安なガソリンスタンドはないかなど、毎日通勤で車を使う人などは特によく調べておきましょう。
 

お得な時間帯を狙おう

ガソリンを購入する時間なんていつでも同じだと思っている人が多いでしょうが、実は稀に夜間割引などのサービスを実施しているガソリンスタンドもあるのです。
日中に購入するよりもお得にガソリンを入れることができるので、毎日車を使用するような場合は積み重ねていけば大きなお金の節約になります。
夜間割引や早朝割引は全てのガソリンスタンドが行っているわけではありませんが、もし生活圏内にあればお得なので調べてみるようにしましょう。
 

スポンサーリンク
 

運転する際の無駄をなくそう

記事番号:575/アイテムID:16812の画像

 

ルートは最短で効率的か

最近ではカーナビを備えている車が多いですが、お金の節約を考えるならナビ任せではなく自分でもいろいろとルートを検討することが大切です。
ナビで指示された道が渋滞していることも多いですし、地元の人なら知っている便利な抜け道などもあるのでナビに従わないほうが燃費の向上やお金の節約になることもあるのです。
特に高速道路を使用する場合は、乗り降りするインターを1つずらすだけで交通費を大きくお金を節約することもできるのでおすすめです。
 

いらない荷物は乗せない

車の燃費を上げてガソリンを節約するには、車の中に荷物をできるだけ乗せないようにしましょう。
当然ですが、車が重くなればなるほど走るために多くのガソリンを消費してしまいます。
また、ガソリン自体も満タンにしてしまうとかなり重量があって燃費が低下してしまうので、当面必要な量だけを入れるようにすると効率的です。
ガソリンを20リッター少なくするだけで、15キロ相当の荷物を減らしたことになるので手軽に軽量化することができます。
 

保険は節約にとって最重要

記事番号:575/アイテムID:16821の画像

 

保険に過剰な保障はついていないか

車を使用しているなら、ほとんどの人が任意の自動車保険にも加入しているでしょう。
営業の人に言われるままに過剰な保障を付けているケースも多いので、一度見直してみることが大切です。
古い車なら車両保険はもう必要ないですし、自動的に色々と特約が付加されている保険もあるのでチェックしてみましょう。
うまく見直せば、1年間で数万円ものお金を節約できることもあります。
保険は毎年かかってくるものなので、見直せば大きなお金の節約となるでしょう。
 

ダイレクト系の保険がお得

これまで自動車保険と言えば、保険会社の営業担当者経由で加入するというのが一般的でした。
しかし最近はダイレクト系と呼ばれる通販タイプの保険も増えてきており、加入者が自分でインターネット経由で申し込みを行うため保険会社の人件費が節約でき、他の保険会社と比べてかなり低いお金で契約できるようになっています。
車両保険を付けなければ1年で3万円台から加入できることもあり、お金の節約のためには非常に効果的となります。
 

交通ルールを守って運転

記事番号:575/アイテムID:16826の画像

 

違反すると罰金を取られる

車を運転する場合、誰でも安全に注意しながら交通ルールを守って運転することが求められています。
これは運転する人なら誰でも同じルールを守る義務があり、もし違反すれば警察に摘発されて罰金を課されてしまうことになります。
スピード違反や駐車違反などちょっとしたことでも罰金は発生するので、何度も摘発されてしまうとお金を損してしまうばかりです。
お金の節約のためにはルールを守り、罰金を課されないようにすることも大切です。
 

罰金はどれくらいかかる?

交通ルールを違反してしまうと、危険であることはもちろん高額な罰金がかかってしまい、お金の節約を邪魔してしまいます。
具体的に取られる罰金は、スピード違反の場合9,000円から35,000円、信号無視の場合は7,000円から9,000円、トラックなどに許可されている以上の積載物を積んでいた場合25,000円から35,000円ものお金が必要となります。
最近は携帯電話を使用しながら運転していても罰金対象となるので、お金を節約する上では注意しておきましょう。
 

車の機能に注意することも重要

記事番号:575/アイテムID:16830の画像

 

エアコンはできるだけ使わない

車にはエアコンが搭載されている車種がほとんどですが、実は燃費という面で考えるとエアコンの使用は大きな障害となってしまいます。
一般的に、走行しながらエアコンを使用すると燃費が1割から2割も低下してしまうとされており、ガソリンにかかるお金を無駄に消費してしまう原因になります。
お金を節約するためにはエアコンにも注意を払い、真夏や真冬など明らかにエアコンが必要な時以外は、服を調節したり窓を開け閉めするなどして対策しておきましょう。
 

定期的にメンテナンスを

車に不具合が生じた場合、安全面で問題がある可能性もあるので放置せずにメンテナンスする必要があります。
この際、車を購入したディーラーやメーカー以外の修理店に持ち込んでしまうと、純正の部品やノウハウなどが無いため修理に時間がかかったり、取り寄せして割高な部品代金を請求されてしますこともあります。
安全の面でもお金の面でも、その車の取り扱いに慣れているディーラーで定期的にメンテナンスする方がお金の節約になります。
 

見落としがちなタイヤ

記事番号:575/アイテムID:16831の画像

 

タイヤの状態も燃費に影響する

燃費を良くしてガソリン代の節約をしようと考えた場合、安いガソリンスタンドや走行方法以外にもタイヤに注意することも大切です。
例えば、タイヤの空気圧が抜けて低くなってしまっている場合は燃費が1割以上低下することが知られていますし、空気圧に問題が無くてもゴムがすり減っている場合も同じように燃費は低下してしまいます。
このため、ガソリンスタンドやディーラーなどで定期的に空気圧のチェックを行い、燃費の悪化を予防しましょう。
 

高いタイヤが節約になることも

タイヤがすり減っている場合、そのまま走る続けるより交換したほうが燃費が良くなります。
タイヤをすべて交換すると数万円ものお金がかかってしまうため、お金の節約という面ではデメリットのように見えます。
しかし、最近は燃費を格段に上げてくれる性能を持ったタイヤも登場しているので、思い切って交換したほうが長い目で見てお金の節約になることもあります。
古いタイヤは安全面でリスクが高いこともあるので、できるだけ早めに交換するようにしましょう。
 

いろいろなポイントを抑えてお金を節約しよう

このように、車にかかるお金を節約するには燃費を向上させられる方法を心がけてガソリン代を節約し、保険を見直して保険料を節約することなどが挙げられます。
安全に通じるところも多いので、お金の節約と合わせて積極的に実践していきましょう。

スポンサーリンク